設備情報

オリオン機工の設備をご紹介致します。

オリオンでは、加工技術をより一層深化させ、最新鋭機器による高品質化を図るとともに
技術の革新と斬新な発想をベースに、時代の新しいニーズを的確に把握して、
よりよい製品づくりに、ひた向きに努力を続けてまいります。

レーザー加工機

LC-F1NTシリーズ
超速、超精度、リアルタイムフルレンジファインカット
3軸リニアドライブレーザマシンです。

曲げ加工機

FBDⅢ-1025NT
プレスブレーキともいい、上下2カ所の金型で金属の板(板金)を折り曲げるマシンです。

FMB-3613NT
プレスブレーキともいい、上下2カ所の金型で金属の板(板金)を折り曲げるマシンです。

パンチプレス

SPH-30 + AMADA N-SSⅣ
金属の板(板金)に丸・四角等、いろいろな形状に穴をあけたり、切断等を行うマシンです。穴をあけたり切断したりする刃の部分を金型といいます。

スポット溶接機

ID40Ⅱ HP
新型インバータ電源によりさらに省エネに取り組んでおります。

バリ取り機

AuDeBu 1000
工場内の粉塵量を減らすことで作業環境に配慮し、
貰い錆・メッキ不良/塗装不良を低減。
より高品質な後加工を実現します。